2017年06月01日

妻に財産管理を任せていた場合の財産分与

ご相談の内容

現在、離婚協議中です。しかし、同居中は家計をすべて妻に任せきりにしていました。そのため、どこにどのような財産があるのかまったくわかりません。妻に聞いても教えてくれず、まったく財産がないと言います。絶対そんなことはないと思うのですが、どうしたらよいでしょうか。

解決への道すじ

任意の交渉では埒があかなかったため、調停・裁判へと進みました。その中で、調査嘱託や弁護士会照会といった財産調査の手続きを行いました。その結果、妻の預貯金や生命保険が判明し、正当な形での財産分与に結びつきました。

2017年06月01日 | Posted in 個人の法律相談, 法律相談事例 | タグ: , Comments Closed 

関連記事