借金問題のご相談

借金でよくある問題・トラブル

弊所では、借金に関してのご相談を承っております。自己破産したくない、もう返済できないなど、下記のような問題が発生することがありますが、これらの問題に対して具体的な解決方法をご提案しています。

借金がどんどん膨らんでしまい、
もう返済できない。

借金がどんどん膨らんでしまい、 もう返済できない。

今のままでは返済できないけど、
自己破産はしたくない。

今のままでは返済できないけど、 自己破産はしたくない。

保証人になっており、
突然、多額の請求が来た。

保証人になっており、 突然、多額の請求が来た。

家族が買い物依存症で、
クレジットカードで
次々と買い物する。

家族が買い物依存症で、 クレジットカードで次々と買い物する

こういった借金トラブルの解決方法

こういった借金のトラブルを解決するには、下記のような3つの方法があります。借金の返済についてのお悩みの方は、一番適した方法を考えますので、ぜひ私たち弁護士にご相談ください。

任意整理

任意整理というのは、債権者と交渉して利息をカットしてもらい、元金のみを月々返済していくことで債務を整理する手続きです。目安としては5年程度の分割で元金を返済していくことができる方が対象です。民事再生や自己破産の場合はすべての債権者を対象にしなければなりませんが、任意整理の場合は特定の債権者だけ手続きから外すことができます。例えば、自動車を残すために自動車ローンだけは払っていくことも可能です。

民事再生

民事再生というのは、裁判所を通して、債務を圧縮してもらう手続きです。債務が100万円あるいは債務の5分の1のいずれか高い方に圧縮され、その額を3年~5年かけて返済していくことになります。住宅ローンを抱えている方は、住宅ローンは約定通り支払っていき、住宅ローン以外の債務を圧縮することが可能です。その場合、住宅は残りますので、自宅を手放したくない、住宅ローン以外の債務が圧縮されれば返済できるという方には大変メリットの大きい手続きです。

自己破産

自己破産は、一定以上の財産は返済に充てられますが、残った借金は返さなくてもよいようにする手続きです。財産があまりなかったり、返済の目途が立たない方に適した手続きです。ただし、借金の主な原因がギャンブルや浪費などの場合には債務を0にしてもらうことができないことがあります。また、自己破産しても滞納していた税金や養育費など支払いを免れない債務もあります。

借金問題の2つの解決事例

転職による借金問題
「思ったより給料が貰えなかった」

現在の給料なら大丈夫と思って、住宅ローンを組んで住宅を購入した。勤務先でトラブルがあり、転職することにしたが、転職先の給料が思っていたよりももらえなかった。住宅ローンが払えなくなると困るので借り入れを始めたが、次第に借り入れが膨らみ、300万円ほどになった。このままだと破たんするのは目に見えているが、できれば住宅は残したい。

小規模個人再生で
住宅を残して借金を圧縮!

小規模個人再生という手続きがあります。住宅ローンはそのまま支払い続ける必要がありますが、住宅ローン以外の債務は100万円あるいは債務の5分の1のいずれか高い方に圧縮されます。住宅ローンを除いた債務が300万円の場合は、100万円を3年~5年以内に返済することになります。住宅を残したい方にはぴったりの手続きです。

離婚による借金問題
「元夫が住宅ローンを支払わない」

離婚後、元夫が住宅ローンの支払いを滞ったらしい。保証人になっていたので残債務1,000万円以上の請求が来た。住宅を売却しても残債務が数百万残る見込みらしい。自分には特に財産もなく、払っていけないのでどうしたらよいか。

自己破産で
新しい生活をスタート!

住宅を売却した後の残債務額が大きければ自己破産を考えてはいかがでしょうか。財産がないのでしたら、自己破産の中でも簡易な手続きをとることが可能です。自己破産したことは信用情報機関に登録されますので、しばらく借り入れはできなくなり、手続きがすべて終わるまでの間は一定の職業に就けませんが、その点に支障がないようでしたら、まったく返済しなくてよくなるので、自己破産をお勧めします。