よくある質問

よくある質問

ここでは、弊所にいただくよくある質問についてご紹介しています。

Q:弁護士に依頼するかどうか決めていないけど、相談しにいってもよいですか?

全く構いません。相談だけで解決することも多いですので、遠慮なくご相談ください。初回のご相談だけでそのまま正式にご依頼いただくこともございますし、何度か相談いただいた後、 正式にご依頼いただくこともございます。当然、何度かのご相談で解決して正式なご依頼をいただかない場合もございます。このあたりはご相談の内容にもよりますので、まずはお気軽にご相談ください。

Q:はじめて相談するのですが、どうすればよいですか?

初めてのご相談の場合、どういう手順で相談を進めるのか、どこから費用がかかるのか?など、ご不安が多いと思います。相談の進め方、費用面についてはご相談の内容によって異なりますが、基本的には「ご相談の流れ」でご紹介している流れでご相談を進めます。また、費用については事前に必ずお伝えしますので、突然請求書が届くようなことは決してございません。

Q:メールで法律相談をすることは出来ますか?

法人(企業や個人事業主、各種団体)のご相談者で弊所と顧問契約を締結済みでしたらメールでの法律相談はお受けしておりますが、それ以外においては、メールでの法律相談は行っていません。ですが、法律相談をされる前に、弊所に対してご質問やご要望がある場合は、メールでも電話でもご遠慮なくお問い合わせ・ご相談ください。

Q:法律相談をお願いしたいのですが、どうすればよいですか?

法律相談をお申し込みいただくには、まずはご予約からお願いしております。詳細は「ご相談の流れ」をご確認ください。

Q:相談する時、対立している相手、トラブルの相手の名前は言わないといけないのですか?

相手のお名前はお聞かせいただきます。なぜなら、弊所がすでに相手の方から相談を受けているということがありえるからです。このような場合、せっかくご来所頂いても、ご相談をお受けすることができません。そのようなことを防ぐため、相手のお名前をお聞きしています。もちろん、相手のお名前等の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。

Q:急ぎで相談したいのですが、土曜日や日曜日、夜でも相談できますか?

弊所の営業時間は、平日は午前9時から午後5時45分、土曜日は午前9時から12時までです。もし、午後6時以降でなければ事務所に来れないなどのご事情がございましたら、出来る限り対応いたしますので、ご相談ください。なお、日曜・祝日の相談は実施していませんので、ご了承くださいませ。

Q:相談当日、事務所に行ったら、どうすればいいですか?

受付にて、お名前と法律相談を予約していたことをお伝えください。受付の者が、相談室にご案内致します。相談室は、プライバシーに配慮して、全室、個室になっています。相談室では、相談票にご記載いただき、その後、弁護士とご相談いただけます。詳細は「ご相談の流れ」をご確認ください。

Q:相談当日には、どんなものを持っていけばいいですか?

相談内容に関係していると思われる書類や物品がございましたらご持参ください。また、ご相談の内容を時系列等でまとめていたいた書類があると相談がスムーズに進み、短時間で完了することが多いです。ご相談の内容が交通事故・離婚でしたら、下記の相談票をご活用ください。
交通事故の相談票(PDF)
離婚の相談票(PDF)
この相談票をお持ちいただければ、内容をすぐに理解できますので、相談がスムーズに進みます。記入が難しい場合はご記入は不要です。

Q:女性の弁護士に相談したいのですが、出来ますでしょうか?

当事務所には、女性弁護士が2名おりますので、その旨、お伝えいただければ、女性弁護士が対応致します。

このほか、ご質問・不安点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

兼六法律事務所に所属する弁護士「私たちがご相談に乗ります」