2018年06月04日

【離婚問題】不倫相手の夫から慰謝料を請求されたが減額して和解

ご相談の内容

Dさん(男性)は夫のいる女性と不倫関係に陥ってしまいました。
それだけなく、相手の夫にばれてしまったのです。

先日、Dさんの元に、500万円を支払えというメールが届きました。
その後も電話やメールがたくさん来ます。
勤務先にも行くようなことを言っているので、どうしてよいかわからず、相談に来られました。

解決への道すじ

すぐに弁護士が代理人となり、
「不貞については深く謝罪し、慰謝料額については検討して連絡します」ということと
「弁護士が交渉の窓口となったので、
直接本人やその家族に連絡したり、勤務先に行ったりしないようにしてください」
ということを記載して、相手に内容証明郵便を送りました。

その後、相手から依頼者に対して電話もメールもなく、
勤務先に行く様子もありませんでした。

慰謝料額については、相手が離婚をしていないことから100万円の提示をしました。

相手方は、金額については不満があるが、早く解決したいし、
また、こちらの反省度合いも見てみたいと言っていました。

そこで、依頼人に自筆で反省文を書いてもらい、それを相手に送ったところ、
今後は二度と近づかないことなどを約束するのであれば
慰謝料100万円で示談してよいとの回答を得ました。

そこで、その内容で示談をすることができました。

解決に要した期間はおよそ2週間でした。

執筆者プロフィール
弁護士紹介|柴田 未来弁護士 柴田未来 >>プロフィール詳細
北海道生まれ。
アメリカ留学や阪神大震災を経て,人生観が変わった経験を持つ。
弁護士になってからは著作権法の改正活動や通訳・翻訳などの幅広い活動を行ってきた。
平坦な人生ではなかった自身の経験を生かし人生の困難に寄り添う弁護を目指している。
現在は「夫婦問題」「成年後見」「海外案件」に注力している。
企業法務に関する無料資料
2018年06月04日 | Posted in 【個人】離婚問題, 個人の法律相談, 全記事, 柴田未来の記事一覧, 解決事例 | タグ: , , , Comments Closed 

関連記事